宮城県公式ウェブサイト


東松島公式WEBサイト



 昨年十月の県議会議員選挙、皆さまの温かいご支援により六度目の当選の栄に浴し、県政に参画出来ます事に対し、心から感謝申し上げます。

 「地方の声を県政に、県民の幸せと地域の発展」を政治信条に、皆様の代弁者として県政改革や地域課題解決のため、これまで五回の代表質問、二十六回の一般質問に登壇した他、市町村行財政や皆様の暮らしに関連のある予算・決算特別委員会でも二十九回の総括質問に立ち、県政への政策提言と行財政運営のチェックと評価という県議会議員としての職責を果たして参りました。

 又、二年半前の第三四回宮城県議会に於いて第三五代副議長に就任、二年間に亘り、安藤議長と共に「日本一の県議会」を目指し、活発な県議会活動を展開することができ副議長の職責を果たすことが出来ました。このように県議としての仕事に集中できるのも市民皆様方の力強いご支援があって出来ることであり、重ねて感謝申し上げます。

 東日本大震災から五年が過ぎ、国においては集中復興期間が終了し、復興・創生期間五年間がスタートしますが、県全体の復興状況は未だ道半ばであります。「宮城県震災復興計画」で今年度は再生期(四年間)の三年目に当たりますので、大震災復興調査特別委員会委員長として、復興加速と共に、心の復興にも全力で取り組んで参ります。

 東松島市に関する県の復興事業は、大曲浜から宮戸に至る海岸防潮堤工事、盛土による海岸防災林整備工事、運河や定川の河川復旧工事、野蒜海岸で車窓から海が見える高盛土の奥松島松島公園線、石巻工業港矢本線の県道復旧工事、定川に新たに橋を架け石巻釜地区に通じる都市計画道路矢本門脇線等の工事は発注済であり、今年は復旧の姿や形が見えてくると思います。

 松島自然の家も宮戸小学校跡地への移転工事も順調に進み、来春にはキャンプ場や野外研修棟が供用できますし、矢本海浜緑地についても従来の施設にパークゴルフ場を加えた再整備がスタートするなど、東松島市に関する県の復興事業は順調に進んでおりますことを報告いたします。

 一般質問を重ねてきた赤井駅〜蛇田駅間への新駅設置については、「石巻あゆみ野駅」として三月二十六日に開業したことは、これまでの一般質問を含めた活動の成果と受けとめております。合わせて駅北の石巻西高校北東部市境の石巻市側に移転新築する県合同庁舎建設工事も着手致しましたので、今後周辺の道路整備を含め、市街地としての発展が期待されます。

 気になることは、昨年の国勢調査で東松島市の人口は五年前の前回より三三八五人減の三九五一八人、県全体でも一三九五〇人減少しています。特に一次産業地帯の減少率が高く、沿岸部は震災も重なり高い減少率になっています。「人・まち・仕事の地方創生」により、東松島地域の人口減少対策として、積極的に働く場所の確保等の政策提言を行って参ります。

 選挙区の東松島市については、働く場所の不足や人口減少等課題もありますが、村井知事との信頼の中で阿部東松島市長さんを始め市議会議員さんや市民の皆さんと「心一つにして」目標や課題解決に向かえば、必ず光明を見いだすことができると信じています。

 今後も県政と皆様のパイプ役として頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。